《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けるクリニックの選択にも関わってくる問題ですので、しっかりと事前チェックをしてください。

 

一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そのような場合にはフラップを作成しないで角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射するRPKという治療法が適しているのです。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想的な治療方法を探していくことで、最も適した選択肢を見つけることが出来ることでしょう。



《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探すブログ:18年05月23日

ぼくの母親は
昭和23年生まれですが、
使っていた携帯電話を機種変更したことをきっかけに、
メールを覚えると言い出しました。

ぼく以上に機械オンチの母親ですから、
メールを覚えるまでにはしばらく
時間がかかるだろうと思っていました。

新しくアドレスを作ったのであろう次の日には、
「メールをありがとう」
という短いメッセージが届きました。
母親にとっては、この9文字も一生懸命打ったのだろうと感じたのです。

そして…
次の日、デコレーションメールでなにやら花火の画像が送られてきました。
その次の日、自分で撮ったであろう桜の木の写真を添付してきました。

ぼくの心配とは裏腹に、
たった3日間ほどのうちに、完全にマスターしたようです
その後も日々の様子を送ってくるようになりました。

ぼくが母親と一緒に暮したのは、14歳までです。
親が離婚したために、
ぼくはパパとその後再婚した継母との生活になり
母親とは疎遠な時期もありましたから、
少し距離のある母娘関係だったように思います。

母親の送ってくる写真は、
故郷のお城や公園の風景だったりするのですが、
「昔、あなたとお弁当を持って出かけた公園です、覚えていますか?」
そんな言葉が添えられるようになりました。

母親なりに昔の記憶を辿って
懐かしくなったのかと思っていたのですが、

そんなメールが多く送られてくるにつれ、
母親は娘との思い出と共に
いつも生活してきたのかもしれない…と、
ふと思ったのです。

一緒に過ごせなくなった後、
そんな風に娘を思い出して暮らしていたであろう
母親の姿が見えた気がしました。