《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18年02月08日

GoodAfternoon!

ダイエットをする時って、
「お腹がすいた時、食べ物をちゃんと我慢できるだろうか?」
という不安ありませんか?

別に食べたらからといって、
何らかの罰則があるというわけではありませんし、
ダイエット中に食べ物を食べて、
他人から非難されることもありません。

だから、
「食べない」という意思を持ち続けることに
不安を感じるんですよね。

やっぱり
ダイエットの最大の敵は…
「お腹がすくこと」なんでしょうか?

でもね…

お腹がすいた時、
ちょうど何かの作業をしていて、
食べ物を食べられなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、
少し何か食べようとした時には、
それほどお腹がすいていない…

こんな経験をした人って、結構いると思うんですが…

「お腹がすいた」という感覚は、
他に集中して行わなければならないことがあったりすると、
忘れてしまうものなんですよね。

だから、
「お腹が減ったなぁ〜」と感じたら、
何でもいいので、自分の興味のあることに集中してみましょう。
メールをするのもよし、仲間と話をしたり…

他のことに集中をしていると
空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

オンラインゲームなど、手を動かすことをしていると、
スナック菓子の袋に手が伸びることも防げますよ!

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

仲間とケータイでしゃべっていたら、
このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

ダイエットの最大の敵「空腹感」も、
意外と簡単にやっつけることができるんじゃないでしょうか?

さあご飯食べよ〜っと。