《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:19年01月15日

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
ママが育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしてもママは新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは晩泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「あたしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子どもを3人以上も産めば、
赤ちゃんが晩泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも晩泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子どもを3人以上育てたことで
ママには「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういうママの精神状態が
子どもの脳に良い影響を与えない筈がない。 

ママがママとして一人前になるからこそ、
子どもたちは健全に成長して行くことができる。

ママが一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子どもの数が少なければ、
ママだって子供との距離を掴めないので、
子どもとの距離を適正に保つためにも、
ママが3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子どもが1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子どもが死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子どもがグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子どもの数が多くいれば、
子どもが1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。