《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:18年12月13日

「ダイエットを始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れるダイエット法と言えば、
ジョギング。

ダイエットって、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさんは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、こむらへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
こむらの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、こむらの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
こむらが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはこむらがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとこむらの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
運動することは厳禁となります。

ダイエットのために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
ダイエットの期間を延ばすことにつながります。

こむらに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

明日はいい日かな〜